本文へジャンプ

事前準備

ご本人の希望をもとに、ご家族様みんなで話し合ってお葬式の形式や方針を決めておきましょう。
どのように送ってもらいたいのか。式場は自宅にするのか、 会館から送ってあげるのか。ご当家の菩提寺を確認しておきましょう。無い場合は当社にご相談下さい。
葬儀の時にお呼びするお寺さんの人数や、戒名のことなども決めておくと良いでしょう。
お墓が無い場合は、お墓のことも考えておきましょう。お寺の墓地、市営の墓地、共同 墓地等があります。
ご遺族ご親族の名簿を作成しておくとよいでしょう。
もしもの時の連絡先をまとめた名簿を作っておけば慌てずに済みます。名簿があれば、親戚の人数を把握することもできます。
会葬者の人数を予測しておきましょう。
交友関係・仕事上の関係・近隣の地域の方など故人及びご家族様の交際範囲を合わせた数に親戚と組合の数を足した数が目安になります。
ご本人の写真を探しておきましょう。
ピントが合っていて、できるだけ大きく写っている写真を用意して下さい。
プロが撮ったもの・結婚式等の写真は鮮明に撮れています。

各所へのご連絡

まず関係各所へ連絡しましょう。
(1)主な親戚 (2)葬儀会社 (3)菩提寺に連絡して枕経をあげてもらいます (4)隣近所
ご僧侶に希望される葬儀の日時について相談します。
その際、僧侶の人数・取越の法要の有無・戒名のこと・払い膳の出席・送迎のこと・お布施のことなどをお伺 いしましょう。
  • 喪主は一般的には故人と最も血縁の深い人がなります。(配偶者)
  • 葬儀の様式や規模と予算は、故人の遺志や地位・遺族の希望そして会葬者数によって決めます。
  • 組合(隣保)の班長さんに葬儀の世話役をお願いしましょう。
  • 班長さんには寺院や葬儀社との打ち合せに同席してもらい、式の全体の流れ・必要な役割を把握してもらいます。そして各係の役割分担をし、喪主にかわり指示していただきます。

葬儀後のご挨拶とお返し

  • 葬儀の翌日から遅くとも初七日までには、組合の方、会社の方などに喪主・施主自身がお礼の挨拶回りを済ませるとよいでしょう。
  • 忌明け返礼品は、忌明け法要の後お届けします。金額の目安は頂いた香典額の1/2から1/3程度が標準となっております。その際、葬儀のお礼をかねた忌明けの挨拶状を添えます。

忌明け法要

仏教では七七日忌の四十九日までを中陰と呼び死者の運命が決まる重要な日とされています。
忌明け法要は亡くなった日を入れて35日目もしくは49日目に営む習わしですが、その期間で各関係者の出掛けやすい土・日に行う場合が多いようです。日時と場所は僧侶の予定を確認 してから決定します。
法要の後、会食を行い引き出物を用意します。
また法要後、墓地用品(野位牌、飯櫃、香炉堂、四華花、六道など)と門牌、七枚塔婆、神棚封じの半紙等を片付けます。

本位牌

  • 葬儀に用いた白木の位牌は、一般に忌明け法要(膳上げ)にて本位牌と取り替えることが多くなっております。
  • 初めて位牌を選ぶ時は仏壇の様式やサイズに合わせます。ご先祖様の位牌がある場合は大きさ、形などを参考にします。
  • 本位牌の準備ができましたら、菩提寺に依頼し白木の位牌から精(魂)を抜き、本位牌に精(魂)を入れて戴きます。(精を抜いた白木位牌は僧侶に処置をお願いします。)

仏壇

  • お仏壇は葬儀の後、家族による毎日のお参りをはじめ、命日の僧侶によるお勤め、法要など仏事のために仏壇はなくてはならないものです。
  • 忌明け法要までにご用意されますと、後飾り壇を片付けた後のご供養に便利です。また、お仏壇の開眼供養も忌明け法要と同じ日に行うことができます。
  • 仏壇の安置場所はあまりむずかしく考えることなく、家族がいつでもお参りしやすい場所を選ぶようにしましょう。
ページトップへ